ホームページ制作トレンド記事

制作依頼時のヒアリングシート

ヒアリングシートの内容には、業種によって様々なものがあると思いますが、WEB制作に関して言えば、制作依頼のお話が来た時点や、検討されている段階で、お客様の考えをアウトプットすることに大きな目的があり、その内容をもとにサイトの方向性や目標等を定めていきます。

アウトプットする内容としては、大きく分けて以下のような項目になると思います。

  •  WEBサイト構築の背景・目的
  •  WEBサイトのタイプ(企業サイト、製品紹介サイト・ECサイト、etc...
  • ターゲットとするエンドユーザーの層
  •  WEBサイトから期待する効果
  • 同業種・競合他社の有無とその動向
  • 予算と制作スケジュール
  • 保守・管理に関して

WEBサイトを"意味のある・効果のある"ものへと作り上げていく上で、上記項目は欠かすことのできない情報となります。

 

 

デザインに取り掛かる前用のヒアリングシートを紹介します。デザイナーや会社によってデザインの進め方は色々あるでしょうが、弊社では、デザイン制作前用のヒアリングシートを使っています。

お客様によっては、ある程度デザインイメージを持たれてる方もいらっしゃいますが、ほとんどのお客様は、ざっくりとしたものしか見えていません。そういったざっくりとしたものを、ヒアリングシートでアウトプットすることにより、デザインという”視覚化”を行っていきます。

ラフデザインやワイヤーデザインをするために、最低限必要な内容としては、以下のような項目になると思います。

  •  WEBサイトのデザインテイスト
  •  サイトカラー(会社・店舗カラー)
  •  使用するフォント
  •  デザイン参考サイト
  •  必要なシステム・プログラム

 

WEBサイトのテイストカラーは、デザインの枠組みを作るものとしてとても重要な要素となっています。その枠組みに合わせて、各種レイアウト(コンテンツ・システム反映部分等)を決めていきます。

お客様からのイメージを一方的にアウトプットするだけでなく、デザイナーとしての意見や経験を、お互いに話し合いながら進めていけば、「より良いもの」を作れるのはもちろんですが、「お客様の意見が度々変わって、その都度デザインも変更しないといけない」というような状況を避けることにも繋がっていくと思います。


このページの先頭へ