かんたん更新ツール(TryCMS)

コンテンツ制作が主軸です。しかしコンテンツとはなんなのか

Webサイトで企業が「目的を達成する為」に必要。企業であれば利益やコンバージョン、LPO対策、認知度向上など

1.コンテンツとは
エムシーエス三井博康 代表
シンプルに単純に言えば、文章、画像等です。
直訳で内容。中身。
人為的に制作されたものです。
人が人のために制作したものがコンテンツだと私は考えています。




2.良いコンテンツとは

単純明快です。誰がが見ても「素晴らしいですね」といわれるコンテンツです。

不特定多数の大衆が納得する、良いというものでなければ良いコンテンツとは言えないのです。


ではこの良いコンテンツとやらを作るにはどうしたらいいのか。
時代背景、環境、状況により変わります。
変化するものだからこそ、難しく、そして「良い」という定義が都度変わるのです。

ブランドとかは、それもの自体が「良いコンテンツ」と言えるのかもしれません。

また、良いとされる定義をどこでだれがつけるかにもよります。
人それぞれに感覚が違うので、自分が良いと思っていても他の人が良いとは思われないのです。

しかし、Webサイト上でのコンテンツはユーザー目線から考えることです。
常に相手の目線に立って、観察し、研究、分析することが最も大切です。

「良い」とは何かを追求し、その中でこちらから提供できるものを考えましょう。
コンテンツは重要ですが、良くなければ、人は見てくれさえしません。


ユーザー目線+自分の創りたい、提供したいものをミックスさせたものこそが理想です。

感情的に言えば、制作サイド側のした人が良いと言えば、それは良いコンテンツです。
ビジネス的に言えば、Webサイトに訪れた人が良いと言えば、それは良いコンテンツです。

ここらへんのバランスをはとても重要です。
常に確認をおこない、視野は広く、そしてコンテンツ制作には自身の思いを込めましょう。

このページの先頭へ