Webマーケティング

コンテンツマーケティング時代のキーワード選定のポイント!

SEO対策を行ってもなかなか上位に表示されないという悩みは多いかと思います。SEO業社に依頼しても達成できない。
そこで、再度SEOというか、コンテンツマーケティング時代のキーワード選定方法を考えてみましょう。

提案1.ビックキーワーではなく、ユーザー視線でざっくりとした複合キーワードを選定してみる

ビックキーワードは、競合も多く厳しいです。もちろん成功して上位にランクされればものすごい集客は期待できますが、検索エンジンGoogle、Yahooは単にキーワードだけではなくサイト全体のボリューム、アクセス数なども加味しますので、大手と競争するにはスタート時点で難しいと判断凍ます。

提案2.ざっくりとした副某キーワードとは

車 修理 中古車 と言ったキーワードはビックリキーワードですね。これらのキーワードから
「ハイブリット者 三菱 中古」「車 修理 板金」「中古車 ハイブリット 千葉 といったセグメントしたキーワードを選択してみることです。

提案3.副某キーワードでセグメントしたキーワードでSEOすると

集客は多くは見込めませんが、受注率は高いです。具体的に検討されているかとの来訪を見込めますので。

提案4.Webサイト運用の成功

集客方法は、キーワード連動リスティング広告、ディスプレイ広告、リマーケティング広告など効果は高いですが、やはり費用対効果はSEO対策になります。
しっかりと自社のターゲットを選定して、ターゲットユーザー側の視点でキーワードを考えてみましょう。

提案5.アクセス解析レポート

弊社が行っておりますgoogleAnaliticsレポートサービスは、キーワード選定を行うためのユーザー視点を確認できます。是非検討してみてください。→http://www.mcscorp.co.jp/service/analytics-report.html


あなたのホームページはいかがですか。 お客様は他社競合サイトと比較しています!少しの不安感があると他のサイトに行ってしまいます。 ホームページ集客の場合では顔が見えない分、お客様は細かいことに不安や疑問を持ちます。すべての不明点や不安感を払拭できるように気を使いましょう。


このページの先頭へ