Webマーケティング

見込み客が検索するキーワードを考える

今は、小手先のSEO対策ではアクセスアップは出来ないです。
以前は、外部リンクを多く貼ることで検索エンジンGoogle Yahooで上位表示しましたが、
最近はコンテンツがしっかりとサイトに掲載されていないとGoogle Yahooでの上位表示はしません。

見込み客が検索しそうなキーワードを探すには

商品、サービスから関連キーワードを考える

当たり前のことですが、まずは自社の商品、サービスから関連するキーワードを考え、それらのキーワードで検索数の
多いキーワードを選定する。Googleキーワードプランナーツールを活用。
濃い見込み客は、「商品名」「サービス名」「型番」などで絞られたキーワードが有効
例) 「軽自動車」「イタリア車」「新古車」「ボディエステ」「リフレクソロジー」など

お悩み系のサイトで、質問が多いキーワードを取得

教えてgooとか、Yahoo知恵袋などを閲覧して、自社商品、サービスに関連する質問を探してキーワード取得。
上記2サイトは、悩みが深いワードほど緊急性が高く購入意欲の高いお客様が集まりやすいです。

キーワード取得方法は、2ステップです。
●ステップ1 お悩みサイトの検索窓にキーワードを入れて検索する

●ステップ2
上位表示された記事内容から使えそうなキーワードを抜き出す

自社商品、サービスの関連図書からキーワードを取得

書籍の目次を参照するとキーワードのヒントが沢山あります。また、業界ごとの雑誌には、流行のキーワードや
商品名など業界特有の固有名詞キーワードが見つかります。雑誌の種類は「Fujisan.co.jp」で調べられます。
Fujisan.co.jp でも、検索窓に関連キーワードを入れると、該当の雑誌が検索されます。

地域名、駅名などとの複合キーワードを取得する

効率よく、効果的な集客を行うには、地域ワードとの組み合わせで検索上になることが有効です
例)「東京 中古車販売」「東京 ホームページ制作」

「地名」「駅名」のキーワードを使いますと、地域ビジネス、店舗ビジネスで商圏内の濃い見込み客を集客できます。
特定地域で商品やサービスを探している見込み客は地名を入れて検索します。「神田 ホームページ制作 」
※地名には、県名 市名 区名 町名 など複数あります。駅名は、商圏内の駅を複数使うことが出来ます。

Mapionを使用した地名キーワード取得が便利です。東京→千代田区 で表示された地図の町名を使うなど。

 

Google検索などでサジェストワードを取得する

Googleの検索窓にキーワードを入力しますと検索候補ワードが表示されます。 ここに表示されるのは
サジェストワードと言いGoogleで検索需要があるキーワードです。
サジェストワードを使ったコンテンツを意識して作成しますと効率よく見込み客を集客出来ます。

 

Goodkeywordでキーワードを取得する

Goodkeywordは、インターネット上で使える無料のキーワードツールです。
キーワードを入力するとそのキーワードで検索している人が他にどのような
キーワードと一緒に検索しているのかサジェストワードを見つけてくれる
便利なツールです。
Goodkeywordには5つの機能があります。
1.Google/Bingサジェスト 2.Googleサジェスト 3. マルチサジェスト
4.楽天サジェスト 5.Google Playサジェスト


エムシーエスのTryCMSで既存サイトにもニュース投稿

自社でホームページ内にTryCMSプログラムをセットアップできます。

既存サイトにCMSを導入することで、面倒だったHTMLを考えないで、かんたんにニュース記事を投稿、更新できます。
そして、各ニュース記事にタイトル、説明Description、詳細内容を投稿できるので、そのニュースページがSEOとして
有効になり、検索エンジンの上位表示を達成することが出来ます。

エムシーエスの主な事業内容

制作業務

お気軽にご相談ください。


このページの先頭へ